2000年春に2058gの未熟児で産まれた我が娘もピッカピッカの一年生になりましたy(^ー^)y 笑いあり涙あり、感動あり時には激怒ありの飼育日記です
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 怪獣の心
2006年05月26日 (金) | 編集 |
ずっーといろいろな事が重なって半分くらい鬱に近い状態になっていました。

ひとつは会社での社内恋愛でのゴタゴタです。
まぁあまり他人の恋愛に首を挟みたくない体質の私なのですがなんでもはっきり物言う為にまわりはその人たちに私から話して欲しかったらしく出勤する度にその話を聞く羽目になり最後には『いいかげんにしてくれ(怒)』になりました。まわりの人たちの悪者になりたくないって気持ちはわからないでもないのですが…ならば私なら悪者になってもいいと言うんですかい??って気持ちでいっぱい。
でも最終はけっきょく私から女性の方に話をして今の会社でのふたりに行動、発言など今のままではまずいのではと言いました。かなりきついことも話しました。
でもそれはふたりにこの先もうまくいってほしい、幸せになって欲しいから今をもう少し大切にしようということです。いまはまだのぼせている状態なのでしょうが、女性は30歳の子持ちバツイチですし、男性は25歳の独身のですからもう少し分別のある態度で公私混同しない付き合いをしてほしいと思います。
この日から10日が過ぎてまわりもふたりの態度がその日を境にあきらかに変わったと認めています。
私が言った事も無駄ではないとふたりを信じて私は私なりに応援したいと思ってます。

これがひとつめ

で次が最大の問題です。

怪獣の事です。
前日の記事にも書きましたが怪獣の自由奔放な行動が学校でも手に余すものがあり家庭訪問でその数々を先生から聞かされました。
開始の鐘が鳴っても教室に入らない、勉強をしたくないとプリントをなげる。おお声を出す、お友達にいたずらをするets…
先生にもお詫びをしてとにかくよろしく御指導願いますと親ばかながら頭を下げました。
その日から私に鬱が少しずつ始まりました。
はじめは頭痛が抜けなくて、胃痛がはじまり不眠が出始めました。
何をしても何を考えても娘の行動の事が頭を離れません。もしや?なにかこの子にあるのでは?でもそれをどうして知ったらいい?だれに相談すればいい?私にはわかりません。
幼稚園の先生に相談に行こうか?でも迷惑では?どうしたらいいんだろう?どうすればこの子は落ち着いて集団生活に馴染めるのだろう?どうして協調性がないのだろう?どうして我慢ができないのだろう?どうして友達を叩いてしまうのだろう?
どうして?どうして?
私の育て方が悪かったのだろうか?
私が悪いんだだからこの子はこんな風になってしまったのだ。
娘の寝顔を見ながら毎晩泣いてました。

でもそれを私の他にも感じ取っていた人がいました。
ことばの教室の先生です。この先生に私は本当に救われました。
いつもの様にことばの教室に行くと先生が私に
『ほのかちゃんにすこしひっかかるところがあるんですが…』と言い出されました。
内心えっと思いながらも先生にお話を聞くと
『ここ数回のほのかちゃんの態度を見ていると真面目な時と集中力の急に欠ける時の差が極端すぎて、あと知能の割りにかなりの幼さも感じますし…学校ではいかがですか?浮いてませんか?』と
私は今までの学校での多数の突飛な行動、協調性にかける学習態度などすべてを隠さずにありのままに話しました。
先生は驚きながらでもわかったようにうなずいて
『もしもよかったら一度専門の先生に観て頂いた方がいいかもしれませんね。』
おどろく私に
『ほのかちゃんの心に何か問題があればそれを観て頂いてその為にどうしたらいいのか?今すぐに薬を飲むとかひまわりさんにクラスを変えるとかそんな事ではないんです。ほのかちゃんの為にまわりが環境を整えてあげるためにどうしたらいいのか?ほのかちゃんがパニックになった時にどう声をかけたらいいのか?とかを教えて頂くんです。』と丁寧に私が落ち着いて聞けるように説明して下さいました。
思わず涙が溢れます。それまでに心にあった闇にひとすじに光が差したように思えました。
『すいません。ずっとその事で悩んでいました。でも私には相談する相手もなくどうしていいのか悩んでいました。先生に気付いて頂いてありがたい気持ちでいっぱいです』
先生も私が泣いた事で驚いたようでしたが『じゃ専門の先生にお願いしましょう。ただその先生はかなり外来が混んでいますから夏休みになるかもしれません。それでもいいですか?』
『はい、結構です。とにかく病院に電話してみます。事情を話して少しでも早い段階での診察をお願いしてみます』
『じゃその前に検査をこちらでしてみますね。その検査結果を持って病院へ行った方がいいでしょう。ただ検査には時間がかかるから学校は早退してもらって家で少し落ち着いてからこちらへ2時に来て下さい。』
『わかりました。学校へは担任にこの事をお話しして早退をさせてもらいます。』
『では私からも学校へはお願いしましょう。手紙だと残ってしますから電話の方がいいでしょうね。電話しておきます。』
その後は短い時間でしたが娘はいつのもことばのお勉強をして終りになりました。

先生との会話は中略して書いています。

この日を境に私は行動をはじめました。
まずはことばの先生にお聞きした事、専門の先生に診察をお願いする事、その為の検査に早退する事を担任へお手紙を書きました。
病院へも電話して事情をよくお話をして予約を取りました。
有り難い事に予約のキャンセルがあったのと学習面では今のとこと問題がないので学校の先生は一緒でなくてもいいと話すと6月9日に予約を取る事が出来ました。

友人にその専門医にかかっている子供を持っている方がいるのでその方にも今回の事を相談しました。
娘を知っているのでかなり驚いていましたがいろいろなアドバイスももらい、励ましてももらいました。
娘の同級生にお母さんにも励ましていただきました。私の話を親身になって聞いてくれて口先だけではない心からの言葉をかけてくてました。
学童の先生にも事情をお話しして協力をお願いしました。
学童の先生方には本当に親身になって相談に乗って頂き的確なアドバイスももらいました。このみなさんには本当に心から感謝しています。

まだまだはじまったばかりの道ですが私が運がいいと自分で思っています
早い段階で娘の心に気付いてくれたことばの先生。
形は違えども心に重いものを持った子供を持つ友人。
たかが学童のいち生徒でしかないに親身になってアドバイスをくれる先生方。
そして夏休みにしかとれないと覚悟をしていた病院の予約。

きちんとした結果はまだ先になります。
その時にもしかしたら私は普通でいられないかもしれない。逆に取り越し苦労だったと笑っているかもしれない。
どちらになるかはわからないけどほんの少しでも我が子がいい方向へ迎えるように頑張りたいと思っています。

実はこの数日あとに学校で担任と個人面談をしています。その内容を今はあえてここへは書かずにおこうと思っています。
一言でいえば先生からはほとんど何も言葉はありませんでした。こちらか一方的にお願いをする形で帰って来ています。

まだまだ落ち着きませんが、ここへ書く事で心を少しずつ整理しようと思ってます。

みなさんへの訪問はまた後になるかもしれせんが必ずお伺いいたします。
ロムはさせて頂いてるのですがコメントを残したりお返事を書くまでにまだ気持ちが落ち着いていませんごめんなさい

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ほのままさん、おかえり(^o^*)
大変なことがあったんですね。最初の男女の関係は、ほのままさんのお人柄がうかがわれ、ほんま、心が綺麗な方やな~って思ってました。

ほのちゃんの事、相談しづらい問題ですね。しかし、言葉の先生を始め、周りの協力もほのママさんにとっての人徳。
話せる人がほのママさんの周りにいた事、ありがたいと感じてます。
私は精神科に通ってる人間です。もし、ほのちゃんが心の病ならば、時間と周りの環境が必要。ほのちゃん、一時的なものである事を願うのみです。
今のほのちゃんにとってみれば、ほのママさんしか心許せる相手がいないのかもしれません。

辛い思いをされてても、何も助けることもろくな事も言えず、ごめんなさいね。
2006/05/27(土) 13:29:09 | URL | junjun #JalddpaA[ 編集]
ほのちゃんもほのママさんも素敵な先生に出会えて本当によかったですね。大変な事が一気にほのママさんにあって、疲れてませんか?ほのちゃんも為にもほのママさんの体を大切ににてください!!
また遊びにきますね!!
2006/05/27(土) 23:32:29 | URL | sora #-[ 編集]
正直,どうコメントしてもうわべだけの言葉になってしまいそうで申し訳ないです。
ほのママさんの辛さ,大変さ,私の想像以上だと思います・・。
はやくほのちゃんやほのママさんにとって,楽しく毎日が過ごせる方法が見つかるといいですね。
2006/05/28(日) 00:29:23 | URL | konamama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。