2000年春に2058gの未熟児で産まれた我が娘もピッカピッカの一年生になりましたy(^ー^)y 笑いあり涙あり、感動あり時には激怒ありの飼育日記です
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 授かった命8(日替わりの感情)
2006年01月24日 (火) | 編集 |
これから『授かった命8』をお読み頂く方へ
この『授かった命』は私の妊娠初期からの経過を綴ったものですので『授かった命1』から順にお読み頂く事をお勧めします
こちらから..お読みになって下さいm(_ _)m



次の日から食事の時以外は本当に寝たきりの生活がはじまった。
起き上がる事さえ制限される毎日。

時折訪れる子宮の収縮…
流れ出る羊水…

私は?お腹の中の赤ちゃんは?どうなるんだろう…

感情が日替わりで揺れる。

あまりの羊水に流れ出る量に先生に聞いた『こんなに出たら赤ちゃんは苦しくないんですか?あとどれくらい待てばいいんですか?』

『羊水がこれだけ流れるってことはそれに負けないくらいの羊水をお腹の中で作り出してるって事だから逆に大丈夫なんだよ。これが出なくなったら大変なんだ。まだまだもう少しぎりぎりまでね』

あぁあそうなんだ…作ってるから流れる。作らなくなったら出なくなるんだ。
羊水がバンバン流れる為に私は大人用のおむつをすることになってしまいました。
お産ようのパットでは足りないんです。
かぶれもひどくなりお薬を出してもらう事になりましたが…ひとりではどうしうようもできなくて朝と夕方、看護婦さんがお湯で患部を流してお薬を付けてくれる事になりました。
これがかなり痛いくて…もともと皮膚が弱い為に本当に大変でした。

でも…不安はつのります。

毎朝の血液検査…これで感染逾有無を調べる。
感染が少しでも出るとすくに抗せい剤の点滴をする。
抗せい剤の点滴をした日はblueになってテレビさえ見る気にもならない。
ただ天井をボーっと眺めては涙が溢れてくる。

私だけどうしてこんな思いをするの?
もしも感染がひどくなって赤ちゃんに何かあったらどうしよう
感染の心配よりもはやく出してあげた方がいいんじゃ?
でもまだ31週を越えたばかりでもしもこのまま産まれたら…
そんな思いが頭の中を駆け巡ります。

あまりの感情の波に女性の先生が心配してカウンセリングとまではいかないけれど私の話を聞きに何度も足を運んで下さいました。
お昼の空いた時間や夕方お帰りになる前などに私の部屋へ来て、その時々で私の気持ちが変わる事もわかって下さいました。


ある日とうとうこんな事を先生に言いました
『もしもこのまま感染を起こす心配をして毎日を過ごすくらいなら、産んであげちゃダメですか?帝王切開なら少しでも赤ちゃんの負担は軽くなりますよね?毎日毎日こんな思いをしてもうおかしくなりそうなんです。お願いします。○○先生に頼んで下さい』

『そうね。○○さんの気持ちは痛い程わかるわ。妊娠初期からずっと辛い思いばかりをされて来ている様ですしね。でもねまだ表に出してあげるには早すぎるの。確かに感染症は恐いけどその為に毎日採血して検査している。31週の半ばってことはまだ肺の機能が整ってないからきっともしも産まれたとしても産声を聞く事は難しいかもしれない。でも少しでも長くお腹の中で育ててあげれば、それだけ外の世界に適応しやすい様に少しでも機能が整ってくれる。今は外の世界で適応する為に大切な機能ができる時だから○○さんももう少し頑張りましょう。その時が来たら○○先生がきちんとお話して下さいますから』

こんなお返事だったと思う。

そうか今は肺の機能や目の機能が整う時期なんだ。
もしもそれが整わないうちに産んでしまうとその機能を補う為に処置が必要になるんだ…
少しでもその処置をしなくてすませる為にはお腹の中で成長させてあげるのが一番なんだ。
もう少し頑張ろう。先生の言う通りなんだ。

この女性の先生にはなんともお礼のいいようがありません。
私の主治医は主任の男性の先生だったのですが、この女性の先生は担当ではないにもかかわらず細やかな心遣いをして下さいました。そのおかげで私は前のようにおかしい事を考える事はありませんでした。

その頃からまた父の夢を見るようになりました。
以前とは違っています。

もう大丈夫だ。お父さんが守ってやるから安心しなさい。じいちゃんもばぁちゃんもみんなで守ってやる。安心しなさい。もうすぐ会いに行かせてやるからな

あぁもうお父さんは赤ちゃんを連れて行かないんだね。ちゃんと赤ちゃんは無事に私に元へやってくるんだね?

そんな夢でした。

3月20日を境に子宮の収縮がまして来ました。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
毎回読んでると なんだか涙がこみ上げてきたり、胸が苦しくなったり。
大変な思いをしてお子様を産んだのですね。ほのママさんの心の痛みが本当に伝わってくるようです。子供を授かると~子供は宝物だなあって思います。
何かあると自分が身代わりになれればと本気で思ったり、楽しそうな表情をするとこっちまで楽しくなったり。子を持って初めて親の有り難味が分かるって本当ですよね。
2006/01/24(火) 23:53:21 | URL | sora #-[ 編集]
soraママさんへ
みなさんいろいろな思いで妊娠、出産をなさってますね。
ひとりひとりにいろいろな思いがあると思います。
こんな風になると自分だけ?とどうしてもそう思いがちですがもっと大変な方もいますね。
子供は愛される為に産まれてくる。その通りだと思っています。
親になって今まで以上に自分の親の気持ちがわかり感謝しています
2006/01/25(水) 07:37:50 | URL | ほのママ #-[ 編集]
v-12えっ?えっ?なんてこと?って思いながら、読み続けました。
ほのママさん、その時、どうにもならないくらいの不安と恐怖だったんですね。
いろんな夢みて、いろんな事想像して。
苦しかった、辛かった、その気持ちが読めば読むほどに伝わり、涙が出てきます。
本当に大変は思いをされたお産です。
子供を心から愛してるからこそ、辛いんですよね。
2006/01/25(水) 11:40:25 | URL | junjun #-[ 編集]
junさんへ
この頃は自分ではどうにもできる事じゃないってわかっていてもなんとかしたくてモガいてました(泣)
この頃の日記を読むとほんとうに書いてる事が支離滅裂で…
日記をみながら記事を書いてるんですが、自分の日記なのに読みながら泣いてますσ(TεT;)
後もう少しで完結します。
完結した後もいろいろあるのでまた読んで下さいね
2006/01/25(水) 21:17:55 | URL | ほのママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。