2000年春に2058gの未熟児で産まれた我が娘もピッカピッカの一年生になりましたy(^ー^)y 笑いあり涙あり、感動あり時には激怒ありの飼育日記です
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 授かった命12(出産の午後)
2006年01月30日 (月) | 編集 |
これから『授かった命12』をお読み頂く方へ
この『授かった命』は私の妊娠初期からの経過を綴ったものですので『授かった命1』から順にお読み頂く事をお勧めします
こちらから..お読みになって下さいm(_ _)m



次に気がついたにはもう病室のベッドの上だった。

あぁいつの間に運ばてれ来てたんだ。

『気がついたか?』
ベッドの脇に旦那が座っていました。
『あっほのか大丈夫だった?なんにもなかった?』
『うん。大丈夫だよ。』
『手は?足は?』
『そんなに心配しなくても大丈夫だったよ』

旦那は呆れた顔で話しまが…わたしにとってはとても大切な事です。

ちょうど看護婦さんが来ました


『目が覚めました?じゃ先生読んで来ますね』と先生を呼びに…
ほどなく先生がやってきました『おめでとうございます。赤ちゃんには会って来た?あとで会っておいでね。出産に関してはなんの問題もなかったです。赤ちゃんはやはり小さかったから小児科の○○先生にお願いして5階に未熟児専用の保育器に入ってます。あとで○○先生から説明があるとは思いますが、無事に出産よかったです。経過がよければお母さんは5日後に退院ですから。あとの説明は婦長に聞いて下さいね』
そう言っていかれました。

あぁこれで一安心かな?
あとで行ってこうよう5階に…
そんな事を旦那と話していると婦長さんがやってきました。

手には書類をいくつか持っています
『おめでとうございます。さっそくですが、赤ちゃんは未熟児だった為に特別な治療が必要になります。費用もバカにはならないでしょう。その費用の負担を少しでも軽くできるように公的な手続きをしなくてはいけません。これがその書類です。出産届けを先に役場に出してそれからこれを合庁の保健所に提出して下さい。他に必要な書類もいくつかあるのでそれも揃えて下さいね。そうすると公的な認定を受けて収入に合わせて赤ちゃんにかかる費用が変わりますからね。』そうひとつひとつ説明を受けました。
『そう言えば名前は決めてるの?それが先よね?』
『こういう状況だったので名前は決まってますから、今からでも出しに行けます』
『そうね。じゃ御主人よろしくお願いしますね』
そう言って書類を旦那に手渡して行かれました。

『こんなにあるんだ。でもちゃんとしないとな。昼からでも役場行って来るよ』
『うん。大変だけど頑張ってこなさないとね。ほのかも頑張ってるんでしょう?あと一緒に乳児医療手続きもしてきてね。それと児童手当もね』
『うんわかってるよ』
そう言っていったん家に戻って行きました。

隣のベッドの方が声をかけて下さいます
『おめでとうございます。なんか早かったですね。お昼かななんて話してたんですけど。すぐだったんですか?』
『そうですね。8時17分ですからほとんどすぐですね』
『安産ですね。よかった』
『ありがとうございます。夕べはうるさくてして今朝も大騒ぎで迷惑ばかりかけてごめんなさいね』
『お互い様ですから気にしないで下さい』
そんな会話をしていました。

お昼に母がようやくやってきました。
旦那が連絡をした時には会社でどうしても抜けられなくて今になってしまったと謝っていました。
『大丈夫?よかった無事に産まれたね。みんなが守ってくれたんだよ』
『本当にそうだね。守ってもらったよ。お父さんにもじぃちゃんにもね』
『赤ちゃんは会って来たの?』
『ううんまだ。先生は会って来てもいいよって言ってるからお母さんもいるし行ってみる?』

そう言って5階の未熟児病室へ

エレベーターを上がって小児科病棟のナースセンターに声をかけます。

『すいません。○○ですが赤ちゃんに会いに来ました。入っていいんでしょうか?』
『はい、どうぞこちらから』
ナースセンターを通って未熟児室へ
『うんお母さんはこちらから入ってくださいね。エプロンと帽子とあと手の消毒ね』そう言われたとように準備をして中へ
母は中には入れないらしいにでナースセンターと未熟児室の境のガラスの前にいました。

そこには大きな保育器は2つと小さいベッドが3つ

大きな保育器の中に小さい小さいほのがいました。
見た瞬間
涙が溢れます。思わず『ごめんね。ごめんなさいね。こんなに小さく産んでしまって…ごめんね』そう保育器にすがって泣いていました。
だってはじめてまともに見た我が子は小さい身体に大きなおむつひとつだけで身体には機械の線が沢山ついていました。足には点滴に管まで…そんな我が子の姿をみて取り乱さない親はどこにもいないでしょう。
近くにいた看護婦さんが『あらあら泣きムシなお母さんですね。大丈夫私達に任せて下さいね』そう笑って声をかけて下さいました。

すこし体調が悪くなった私は看護婦さんにお願いをして部屋に戻る事にしました。

がここで事件ぼっ発…

帰りのエレベーターで気分がすぐれずにエレベーターのドアに寄り掛かってしまいました。
そして3階のドアが開いたとたんに


バタン


なんと意識を失ってしまっていた私はそのまま倒れてしまいました。
点滴の台を握ったまま…
慌てたのはまわりです。
母や一緒にエレベーターに乗っていたからナースセンターがエレベーターの前なので倒れた音を聞いた看護婦さんもみんな大慌て

『○○さん○○さん』と看護婦さんに声をかけれられなんとか意識は戻りましたが、まだ朦朧としています。
そのまま車椅子で病室に戻りました。

看護婦さんからは大目玉です。
『なんてむちゃなことするんですか?怪我がないからいいようなものの…』
『すいません。先生が赤ちゃんに会いに行ってもいいっていうから…』
『それは連れて行ってもらいなさいってことですよ。今日はもう無理しちゃだめですよ。ずっと寝たきりでからだも歩く事になれていないし、出血もかなり多かったんですから、行く時は声をかけて下さい。』
『はい…すいません』

けっきょく夕方旦那が来る間ではまだベッドに横になっていました。

そして夕方再度赤ちゃんに会いにいきました
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
はじめまして~~メロ友になっていただいて
ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ
ブログ読ませていただきました。
お産っていろいろなドラマがありますよね!

私は22歳で初妊娠!あれから十数年。。。
妊娠中はつわり12ヶ月・逆子出産と
辛かったですが産まれた時は本当に感動で
涙涙でした(T-T)でも今は・・・・
二匹のでかい猛獣と毎日格闘です(^^;)
2006/01/30(月) 17:04:14 | URL | ミック #vQU5PwVA[ 編集]
ミックさんへ
こちらこそ仲良くしてくださいね

本当にお産にはいろいろなドラマがありますね。
うちも小さいながら怪獣に日々振り回されております(泣)
2006/01/31(火) 13:25:13 | URL | ほのママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。