2000年春に2058gの未熟児で産まれた我が娘もピッカピッカの一年生になりましたy(^ー^)y 笑いあり涙あり、感動あり時には激怒ありの飼育日記です
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 お久しぶりですペコリ(o_ _)o))
2007年02月09日 (金) | 編集 |
なんと半年以上空いてしまいました。

怪獣は…相変わらず怪獣です。

一歩進んで二歩下がる??そんな状態でも成長をしてくれています。

風邪も引かずに元気な怪獣です。



が…年末からいじめの問題で頭が痛い日々が続いています。

ことの初めは11月に学童にて学年上の男の子が
『ほのかー気持ちワリ-』と言い放った事でした。

土曜の朝に送って行った私の目の前で…

??なんだ?
思わず『ねぇねぇどうして気持ち悪いの?おばちゃんに教えてよ』そうその子に声を
かけましたが逃げられてしまいました。
一緒にいた子は『いつもそう言ってるよ』と言って走って行ってしまいました。
追い掛けて問いただそうか?とも思いました…ここで親が出てもな…そんな思いから
その時は辞めておきました。

でもそのままにしておける問題ではないので帰りに学童の先生には話をしました。
いろいろな子供がいる為に先生達も大変なようです。
それでも大きい子が小さい子を、まして男の子が女の子をいじめるようではいけないのでは
と話をしてきちんと指導してもらう事にしました。


その後、学校の参観日の懇談会でこの話をしたところ
『学校内でそういう事があればその都度、対処していますが…外の事までは…』となんとも
教育者として、今のいじめの問題をあまり考えていないようなお返事で不完全燃焼で終って
しまいました。

まぁまだ本人もいまいちわかってないし、ここで親が大事にしてもと不問にしたのがいけなかった…


事は年末に起きました。

私がその事実を知ったのはつい最近です…

その事に気づいた父兄からの一言です。

『ほのかちゃん最近いじめはどう?』
??なんで?どうしてそんな事聞くの?
そんな気持ちでいると…
『実はね』と言いにくそうに話をはじめました。
『年末だったと思うけど…じつは【ほのか○○】って折り紙の裏に書いてあるのをみつけてさ』
ぇぇぇーーびっくりで声も出ません。
伏せ字にはしましたが…○○の字は御想像通りです。

『すぐに先生には話したんだけど…何も聞いてない?』
『う、うん聞いてない…』
『子供にも確認したけど僕達は違うって…でもそういうのはさ…まずいでしょう?だからいじめは見てる方も一緒なんだから…お友達がいじめられたら止めないとだめ。ましてほのかちゃんは女の子、あんた達は男なんだから守ってあげなくてどうする?って言っては聞かせたんだけどさ…気をつけてた方がいいよ』
ともっといろんな事を言っていただいたとは思うんですが…あまりにことにパニックになって覚えていません。

とてもショックです…

こんないなかの町で…
ましてまだ一年生なのに…
他人にそんな事を書かれなくちゃいけないなんて…

唯一の救いは本人が事実を理解していない事です。
その書かれた折り紙も本人は見ていないようですから…

それから学童と学校へ事実確認をして話し合いをして来ました。

学童では主任先生とじっくりお話をしてお願いをしてきました。

学校へはお手紙を書いてお願いしました。

私達親としては…本人が事実を理解していない事に感謝しています。
もしも事実を理解出来ればきっと傷付いてしまうでしょう。
心に大きな傷を作ってしまう事だけはさけてやりたい。
だから今後このような事が起きないように指導してもらえれば何も言うつもりはないんです。
でももしも同じ事がいま一度起きた時には…
このままにはしません。
学校、学童、PTA、教育委員会で話し合いを持ってもらいます。
ことを公にしてもらいます。
その事は学校にも学童にも話してあります。

そして心配なのはその折り紙を書いたお子さんのことです。
娘は理解していない分、フォローも難しくはないのですが…書いたお子さんはきっとその意味を知っているでしょう。
今は大事になっていなからいいけれど…そのお子さんが高学年、中学になった時に同じ事をしたら…もっと大変な事になるでしょう。そうなって欲しくはないんです。
【大事の前の小事で終るように】そう願っています。
その為にもまわりのおとながいじめについてもう少し考えた方がいいのかもしれません。

いじめの問題は家庭だけでも、学校だけでも解決する事ではありません。

家庭、学校、地域、まわりのおとな達が一緒になって取り組まなければいけない問題だと思っています。
我が子に限ってはそんな事はしない。そう言い切れますか?いじめたお子さんの親御さんはほとんどが口を揃えてそう言われるそうです。終いにはいじめられた子に原因があるとまで言う方もいらっしゃるそうです。
それでいいのでしょうか?
私自身が子供をいじめられたからそう言うんだと思われる方もいるかもしれませんが…

いじめは子供を持つ親にとって他人事ではありません。
いつ当事者になってしまうかわからないのが今の世の中です。

今すこし真剣に考えてみませんか?


久々の更新でこんなに重い話ですいませんm(__)m
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/17(水) 17:49:48 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/18(金) 14:22:11 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。